血液クリーニングの衝撃実態

血液クリーニングとは?

血液クリーニングとは?

血液クリーニングという語感から、何か怖いことをするのではないかと思われる方が多くいます。「血液を浄化する」という意味に捉えると、何か新興宗教の儀式か何かではないかと思う人もいるそうです。
血液クリーニングとは恐ろしいものでも何でもなく、立派な医療行為のひとつです。名前の通り、血液をクリーニング(洗浄)することによって、さまざまな健康効果を得るという今話題の健康療法です。
人間の血液は赤い色をしていますが、この赤色も一種類ではなく、どこの血液かによって、またその人の健康状態によって色が異なることをご存じでしょうか。鮮やかな赤色が最も健康的で酸素を多く含んでいる血液なのですが、その一方で黒っぽくなっている血液は酸素が少なく、多くの老廃物などを含んでいる「古い血液」です。
人間は全身に血管を張り巡らせることによって、大量の血液がものすごいスピードで流れ続けています。その流れを作っているのが心臓で、一生止まることのない超高性能ポンプです。全身に新鮮な酸素や栄養分を運び、全身の各所で出た老廃物を運び出してくれるという重要な働きをしているのが血液なので、血液の健康状態がその人の健康状態そのものを表していると言っても良いでしょう。
正常な機能が維持されているのであれば、全身から老廃物などを運び出してきた血液は腎臓や肝臓などで浄化されて、再び全身を巡ります。そして老廃物は排泄されるという、実に素晴らしい機能を持っています。
しかし、現代社会はストレスやオーバーワークなどによる慢性的な疲れのせいで、この機能が十分に発揮されていないことがあります。そうなると血液がドロドロになってしまい、全身に新鮮な酸素を送れない、全身の老廃物が溜まったまま、そして体温が上がらず冷え性になるなど、さまざまな問題を引き起こしてしまいます。
血液クリーニングは、そんな疲れてしまって不健康になった血液を一度外に出して、医療用オゾン(酸素の一種)と反応させて浄化、そして再び体内に点滴で戻すという先進医療です。
これにより血液はサラサラになり、それに伴って全身を健康にすることで、様々な効用が発生します。

 

血液クレンジング療法
血液クレンジング療法はドロドロになって汚れた血液をきれいに洗って体内に戻してくれるサービスなんです。


↓↓↓血液クリーニングの申込はこちらから↓↓↓

アリシアクリニック 血液クリーニング